スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタマ飼育

JRS行けなかったから、家で久々にDIYしました。

と言っても、穴を開けたり、切り込み入れたり30分位で終わったんだけど、、、w

で、完成の図。



何が良いって、掃除が超絶楽になりました!
オタマの入ってる容器を上下に揺するだけで排泄物とか落ちてくれる〜!
便利な取手付きw
水量もあるから、水換え頻度もサボれるかなw

ベントリさんも気持ち良さげ?

tp03.jpg

ティンクさんは成長爆速!

tp02.jpg

ファンで水温は21℃から23℃ってとこです。
大きくなれよ〜!

スポンサーサイト

ロータイプ自作ケージ

W600の規格ガラス水槽をビバリウムケージに改造してみました。

ウレタンで池を作ってみましたが、なかなか良い感じです。

住人はテリビリスを予定してます。

vivariumtank02.jpg


vivariumtank01.jpg


そろそろ携帯カメラは卒業しようかな、、、


聴牌!!

いやぁ〜張りましたよ。ついにw

まずアルミパンチングを貼って。




次に、上下にガラスレールを接着して、




ガラスを嵌める!!





おー!!!すげー自己満足度www



なんで聴牌かって?

天板ガラスに空気の通り穴を開けてない、、、_| ̄|○


それ、一番先じゃねーの?ってツッコミは無しで(≧∇≦)

流石にドリルは深夜に出来ないから、
フィニッシュは完全に週末だな。。。

ヤドクガエルケージ設計

すでに600x400x300のオールガラス水槽を買ったけど、
自然通気&前面スライドを自作するのが狙い。
パーツとして使うガラスを発注する前に3Dで設計シミュレーションしてみた。


ケージ設計

天板は50Φくらいの穴をダイヤモンドコアドリルで開けて、
レプロベンチレーションファンで排気する予定。

ファンを買うときに衝動買いで、ヴィヴィケーター買ってしまったw
人工飼料でヤドクが育ったらどれだけ楽か^^;

ま、試すかどうかは解らないけど、、、

通気。

届きました。ショウジョウバエを通さないアルミパンチング

写真 1

かなり探したけど穴径0.5Φはなかなか大きいサイズがなくて、、、
400x300を注文しました。

今回作る水槽にはちょうど良いサイズ。

餌の脱走は我が家では許されませんw

細目すぎて写真に写らないw


Profile

ゴンさん

Author:ゴンさん
ヤドクガエルの飼育とDIYな日々。
最近、葉っぱに夢中です。
リンクフリーです。

Welcome
News
Pictures
Comments
Category
Twitter
Translation
English English得袋.com
Search...
Links
QR Code
QR
Flag Counter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。